株式会社を作るには?

資金調達

資本金について

人を雇う

人材選び

社員研修

社員手当

余暇の使い方

人を雇う

会社の規模が大きくなると人を雇うという会社がほとんだと思いますが、
色々なことを考えて、知識を身に付けてから人を雇うようにしましょう。

まず、給料だけでは人は雇えません。
雇用保険などの社会保険に加入しなければなりません。
法律でも定められていますので、しっかりと勉強しておきましょう。
社会保険は、労働保険と社会保険の2種類あり、
労働保険は、労災保険と雇用保険があります。
社会保険には、健康保険、厚生年金保険があります。

会議室


それから、労働条件などを書いた書類を作成しましょう。
就業時間や就業場所、休日、給料支払日などを書きます。
これは、経営者側と雇われた側とでトラブルにならない為に作るものです。
また、労働基準法で決められていますので、
必ず作成しましょう。
この時に、賃金を決めなければならないのですが、
必ず、都道府県で決まっている最低賃金よりも上の金額にしなければなりませんので、
注してください!
(厚生労働省のホームページに一覧があります。)

それから、これはすべての経営者の方に言いたいのですが、有給についてです。
有給休暇は、パート・アルバイト・正社員など関係なく与えなければなりません。
これも労働基準法で定められています。

どういう事が書いてあるかというと、
「経営者は、雇用した日から6か月継続して勤務し、労働日の8割以上勤務した者に、
10日の有給休暇を与えなければならない」
ということが書いてあります。

また6か月以上の勤務した者には、
勤務年数ごとに有給休暇の日数を増やさなければなりません。

知らないという方は、労働基準法を調べる、弁護士に相談するなどされて下さい。



All Right Reserved, Copyright 会社経営 2013