株式会社を作るには?

資金調達

資本金について

人を雇う

人材選び

社員研修

社員手当

余暇の使い方

資金調達

会社を始めるには、お金が必要となります。
会社設立までにかかるお金は、最低でも24万円かかります。
また、事務所を賃貸で借りるとなれば、ある程度のまとまったお金が必要です。

自己資金や家族などからの資金、それから金融機関からの融資が考えられますが、
一般の金融機関から融資を受けるには、困難かと思います。

それが出来ないのであれば、他の機関に融資を求めます。
それは<日本政策金融融資公庫>というところです。
どういった機関かというと、資金調達困難な中小企業に対して、
無保証・無担保(原則)で融資してくれる機関です。
もちろん審査はありますが、低利で融資してくれますので、
会社を始める方にとって大変ありがたい機関ですね。
窓口は全国にありますので、お近くの窓口に行ってご相談下さい。

日本政策金融融資公庫の他にも融資してくれる機関があります。
<制度融資(信用保証協会)>です。
これはどうゆうものかというと、
自治体が制度を決めて、信用保証協会の保証を加えて融資することです。
自治体が制度を決めるので、自治体ごとに内容が違ってきます。

1万円札





All Right Reserved, Copyright 会社経営 2013