株式会社を作るには?

資金調達

資本金について

人を雇う

人材選び

社員研修

社員手当

余暇の使い方

社員手当

会社を経営し、人を雇うのであれば、
「社員手当」の事も知っておかなければならないでしょう。

まずどんな種類の手当があるかみてみましょう。

・通勤手当
通勤にかかる料金を支給する手当。
最も安くなるルートで最短距離の交通料を会社が負担する。

東京駅

・時間外手当、超過勤務手当
通常の勤務外の時間態の勤務や8時間以上の勤務に支給される手当。
通常の賃金よりも25%増しで支払わなければならない。
休日の労働は35%増しになる。
これは労働基準法違反になるので注意。

・皆勤手当
会社の出勤日すべて、もしくは従業員みずからが決めた出勤日にすべて出社し
労働したものに与える手当。

・扶養手当
従業員に配偶者や子供などの家族がいる場合に支給する手当。

・住居手当
従業員の住居に対しての手当。
全額ではなく、一部を補助するという感じ。
配偶者が扶養に入っていない場合は減額するケースも有り。

・役員手当
責任者などの管理職に就いている社員に対して支給する手当。

・資格手当
高度な技術の資格を持っている従業員に支給する手当。

・地域手当
都会(特に東京)などでは物価が高い為、それを考慮して支給する

これがいちを基本的な手当となります。
義務となっているものとそうでないものとあります。
それからこの他にも色々手当を作ることが出来ます。
私の知り合いの社長さんはおもしろい人で、
失恋手当(失恋したら休んで良い)というものを作ってました。
社長がOKなら作ってもいいみたいです。



All Right Reserved, Copyright 会社経営 2013